社長あいさつ/アーカイブ

nakajimaseiitisyasinn

2017年4月/創業25周年によせて

2016(平成28)年12月、当社は創業から満25年の節目を迎えました。

今をさかのぼること5年、創業20周年の2011(平成23)年には、記念誌『二十歳のあなたへ』を刊行しました(発刊は2012年9月)。

タイトルの「二十歳」(はたち)には、ようやく成人に達した会社自身と若いスタッフへ向けたメッセージがこめられています。

では、25歳とはどんな節目なのでしょうか。『ヴァンサンカン』という雑誌をご存知ですか。タイトルはフランス語(vingt-cinq ans)で、「25歳」という意味です。この雑誌は、『マーガレット』や『セブンティーン』を卒業し、成人式から5年を経て自立した20代後半女性がターゲットです。

彼女たちは、仕事をして収入を得、自らのライフスタイルやファッションを模索しつつ、消費することを含めてその社会的役割や存在感をにわかに高めてくるのです。『ヴァンサンカン』の編集ジャンルには、ちょっとお金をかけたファッションやビューティー、旅行などに加えて、「社会貢献」という分野も含まれているそうです。25歳は、一人前の社会の一員というわけで、品位も節度も、それ相応の役割・責任も求められるのです。

私たちの会社は、ちょうどそんな年頃です。世の中には50年、70年、100年を経た会社がいくらもあって、年齢ではその足元へも及ばないわけですが、それでも私たちは、25歳なりの実力をしっかり身につけ、社会的責任を負ってきたことは確かです。

日本は今や、超高齢社会、人口減少社会です。かつてどの国も経験したことのない領域へ突入しました。企業30年説がいわれます。これは、ひとつのビジネスモデルが30年間は通用しないということなのでしょう。大きな変動の中、私たちの会社が、30年、50年と存続するために、イノベーションが必要だということは、火を見るより明らかです。

創業25年は、蓄えた力をバネにして、そのイノベーションに向かって「攻め」に転ずる秋(とき)です。新しいビジネスモデルは、夢があって、ニーズがある。しかも、25歳の大人としては、ライバルを出し抜くような子供じみたものでなく、公正でお洒落で、社会の皆が幸せになるような……。

『二十歳のあなたへ』の巻頭の辞に、「あなたたちはいつか必ず、苦労という怪物と戦わなければならない」と書きました。これは、53名の全社員と私の子どもたち、そして自らへの戒めの言葉としたのですが、今こそ、30年、50年に向かって、夢の実現のため価値ある有意義な「苦労」をともに重ねて行動し進化させる所存です。

地域の皆様には、今後とも変わらぬご指導ご鞭撻をお願い申しあげます

2017年4月


HPsyatyouaisatusss
2015年10月/「サービス革命」と「ミニカンパニー」を志向して

4年間を要した「会社の総仕上げ」がハード・ソフト両面でほぼ完了し、昨年度から、私たちは、今後10年間を見据えた会社の在り方を志向しております。その際、キーワードとして掲げたのが、「サービス革命」と、それを実行するための基盤となる「ミニカンパニー」でした。

「サービス革命」とは、人工知能が現実となる近い将来、「ロボットではないお客様・患者様が望むサービス! それにお応えすべく、お客様・患者様と心が通じ合うサービス」であり、日々「それを見出し実行する」ことです。

「ミニカンパニー」とは、決して規模の拡大を追求することなく、「この新しいサービスの内容と方法を自ら考え、議論し、検証するための組織(新しい価値を創造してゆくための組織)」のことです。

この新しいサービスは、「量の時代から質の時代」「足るを知る時代」「真の豊かさとは何か」を再考する時代の中で、「お客様を知り、お客様の気持ちを察し、お客様個々が我々に何を求めているか理解し、それを提供すること」にほかなりません。

しかし、このとき私たちは、単に知識やデータ、知恵やアルゴリズム(手順・手立て)のストックをもつだけでなく、人工知能ではなく感情を有する人として、その最高のかたちである「愛」をサービスのエンジンとしなければならないのです。「愛」とは、思いやりであり、無償の奉仕の心です。弊社のシンボルである「サンタの心」といってもいいと思います。

その心で、現実のものとなった人口減少社会、大変動する経済社会、窮迫する医療保険体制、M&Aが急速に進展する薬局業界、さらには気候変動や頻発する自然災害、もしかしたらテロや紛争といった惨禍も克服していかなくてはならないのです。

それをなし遂げるための組織は、主従的な結合や利害的な結合、同族的な結合を超えた「同志的結合」に基づく組織です。この組織論が、「ミニカンパニー」の基礎となります。価値観と高い志を共有する者同士が、存分に「人生を語り合いながら仕事をする」会社です。

最初に「今後10年」と書きましたが、弊社が今後10年事業を継続できる保障はどこにもないわけです。しかし、先行き不透明なこの世界にあって、柔軟に変化できる組織論(イノベーション、あるいは進化論)は企業の存続に不可欠な要素です。

弊社は、今後10年、「サービス革命」と「ミニカンパニー」をもって、その存続可能性を検証してゆくことになります。そして、結果として、安定的に、ゆっくりと成長しつつ、長く存続できる会社こそ、地域にとって、また、ここで働く社員にとって、真に意味ある存在になりうることを確信しております。

地域の皆様には、今後とも変わらぬご指導ご鞭撻をお願い申しあげます。

2015年10月


ホームページ社長写真
2015年4月/未来、今後
10年……!

おかげさまで小社は、この地域に二十有余年の歴史を刻むことができました。1薬局で創業した小社は、開業時の予定どおり現在1会社6薬局の体制でドミナント化することができ、地域の皆様の健康と幸せを願い、日々薬局業務に邁進いたしております。

ここに至る途は決して平たんなものではありませんでした。ハードをつくれば、それを運用・活用するためのソフトが足りない、ソフトを拡充すればハードに不備が目立ってくる。かたや刻々と変化する社会・経済環境、保健・医療環境……。小社のあゆみは、時代の変遷に対する反復対応の歴史であったと思います。

私たちが考える理想のサービス、経営理念とビジョン、組織論や方法論は、こうした状況変化の中で、自ら考え、日々実行し、検証を繰り返してきたものです。私たちのサービスの結果は、お客様・患者様が評価され、その集積が現在の会社の姿であると考えます。

私たちは今、今後10年のことを考えております。超高齢社会・人口減少社会が現実のものとなり、地域社会の存立、保健医療制度の存続さえ危ぶまれる近い将来、かたやIT革命が急速に進行し、人工知能が確実に登場する近未来。

私たちにできるサービスとは一体何でしょうか。薬局の役割とは何でしょうか。ロボットではないお客様・患者様が望むサービス! それにお応えすべく、お客様・患者様と心が通じ合うサービスがあるはずです。それを見出し実行すること、これを「サービス革命」と名付けました。

そして、この新しいサービスの内容と方法を自ら考え、議論し、検証するための組織(新しい価値を創造してゆくための組織)、それが「ミニカンパニー」です。私たちは、「サービス革命」をテーマに掲げ、少数精鋭で規模の追求をしない確固たる「ミニカンパニー」の構築を目指して、「今後10年……!」を志向してゆく所存です。

いかなる状況においても、進化論をベースに、小社がどのようにして誕生したのかを再度肝に銘じ、今後小社がどのように引き継がれてゆくのか……、真摯に考え、願い、大きな奇跡を信じて「意気続け、生き続け、息続ける」所存でおります。地域の皆様には、小社へのさらなるご指導を伏してお願い申しあげ、ご挨拶とさせていただきます。

未来に、夢と希望と願いを託して……!

  2015年4月

→「社長あいさつ」(中島薬局について)に戻る

お気軽にお問い合わせください。 TEL 026‐257‐3077 中島薬局:8:45~19:30(日・祝日は19:00まで)

PAGETOP
Copyright © 株式会社 中島薬局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.